ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年夏に長男出産。主に育児のことやお役立ち情報、妊活について語ります。時々オススメスイーツのことなんかも綴っています。

出産後は独身の友達と会いにくい?!私が親友に感じた「違和感」のお話。

こんにちは!

一歳児育児中のハピトマです。

ご訪問ありがとうございます。

 

結婚、出産すると、独身の友達と会わなくなってしまった、なんて話をよく聞きます。

 

仲が悪くなったわけではなく、生活環境がガラリと変わるから。

特に産後の女性はそれまでとは全く違う生活になりますよね。

会えるのが昼間の短時間だけになってしまったり、

「赤ちゃんいるから誘ったら悪いかな・・・」「子供連れて行ったら迷惑かけるからな・・・」なんてお互い気を遣ってしまったりして、 会える頻度がぐっと減ってしまいがち。

 

そして久々に会えても、生活環境が違いすぎるせいで、共通の話題がない、話が合わない、なんてことも。

そうなるとどうしても、ママ友など同じ境遇の人達とばっかり会うようになってしまうんですよね。

 

友達と疎遠になってしまうのは悲しいことですが、ある程度は仕方がないことなのかな~と思う今日この頃。

というのも、最近親友にどうしても「違和感」を感じるようになってしまったからなのです><

 

スポンサーリンク

 

違和感1:時間

産後 独身の友達

 

独身の親友E子ちゃんと会う約束をした時のこと。

子供はパパに預けて、ランチをすることになりました。

 

「何時がいいかな?」

とラインをしたら、

「13時半で!」

と返ってきたのです。

 

ランチなのに遅っ!!と思いましたが、用事があるのかな・・・と思い、「OK」と返事をしました。

 

会ってから「何か用事でもあったの?」と聞いたら、

 

「いやぁ~土曜日は昼まで寝たいじゃん?(´∀`)」

と・・・。

 

旦那、そして幼い子供がいる私は昼まで寝るなんてことはまずできないし、できるだけ早く帰って夕飯の買い物、支度、そして子供のごはんにお風呂に寝かしつけをしないといけない。

なんなら11時半待ち合わせ3時解散くらいがベストだというのに、「寝たい」という理由で集合時間を遅くしただとぉぉ?!( ゚Д゚)

 

しかも、10分くらい遅刻してきました。

時間の感覚が違い過ぎる。

 

親友なんで、言いましたけどね。

あり得ない!と。

そしたら、「○○ちゃん(←私)にだってそんな時期があったでしょ~?」とゆるく返されてしまい、何も言えませんでした(笑)

 

違和感2:育児話をしにくい

産後 独身の友達

 

もう一人の独身の親友M美。

学生時代はいつも一緒にいました。

社会人になってからも定期的に会っている仲。

 

お互い忙しくたまにしか会えないから、会えた時はたくさん話したいことがあるはずなのに、最近はもっぱら聞き役。

自分の話、つまり育児の話がしづらいのです。

 

友「育児どう~?○○くん大きくなったよね~?」

私「うん、毎日大変だよ~!こないだもねぇ、レストランでギャン泣きされてさー、ごはんが全然食べられなくて、しまいにはお皿ひっくり返されて~、・・・・」

友「へぇ~、大変そうだね・・・。」

 

・・・終~了~。

私の育児話をしても話が続かないのです。

 

独身の友達にとって、育児は「未知の世界」。

女子特有の「分かる~!!」的な会話には発展しません。

知らない世界の話をいくらされても、分からないのでそれ以上広げようがなく、「へぇ~そうなんだ」で終わってしまうのも無理はありませんよね。

 

独身の友達に対して子供や旦那のことばかり話していることに申し訳なさを感じ、最近は自分のことを積極的には話さなくなってしまいました。

 

結果、私が一方的にM美に質問をしまくる、という展開に。

 

仕事のこと、恋愛のこと、休日のこと、習い事のこと、親御さんのこと、旅行の予定のことなどなど・・・話が途切れそうになると思いつく限りの質問を彼女に投げかけ、せっかく会えた貴重な時間を無駄にするまいと必死になっている自分がいるのです。

 

そして帰るころにはどっと疲れ、話したかったことは話せず、悶々として気持ちで帰宅することが多くなっているという状況・・・。

 

違和感3:金銭感覚

親友E子ちゃんもM美も自由気ままな独身貴族。

M美は実家暮らし。

 

彼女たちの話といえば、

最近パーソナルトレーニングやってる、とか、

最近いいエステ見つけた、とか、

なんちゃらスクールに通い始めたとか。

 

そして一緒に買い物をすると、あれもこれも躊躇することなく買う買う。 

値札見ました?!と思うくらい(笑)

 

子育て中の専業主婦である私には到底考えられない金銭感覚で、あぁ・・・なんか世界が違うなぁと若干の寂しさと羨ましさを感じてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

違和感4:食べるスピード

親友E子ちゃんと会った時も、M美と会った時も、そして先日別の友達5人(独身&既婚子なし&私)で集まってランチした時も思ったこと。

 

みんなごはん食べるの遅っ!!( ゚Д゚)

 

E子ちゃんもM美も、一口がまぁ~小さい小さい。

5人で集まった時も、自分のごはんをほぼ食べ終わるころにふと周りを見たら、みんなほとんど減ってない!!!(;´∀`)マジ‐

 

子育てをしていると、食べるのがめちゃくちゃ早くなるんですよね。。。

可能な限り口に詰め込んで、もぐもぐしている間に息子の食事のアシストをする。

これが当たり前になっていました(-_-;)

 

元々私、ごはんを食べるのがすごく遅かったんです。

母親にはよく「あなたいつまでたべてるの・・・」と言われていました。

E子ちゃんやM美よりも遅いくらいでした。

 

が、今やそんな私はどこへやら。

大口開けてガツガツ食べる姿はもはやレディーではありません(/ω\)

 

子供抜きで友達とランチをする時は、気を付けないといけないなと思いました(笑)

 

以上、私が親友に感じた「違和感」のお話でした。

違和感を感じたからと言ってもう連絡しないとか、そんなことは決してしませんが、やはり以前よりは若干付き合いにくくなったということは否めません。

きっとあちらも同じように思っているでしょう。

 

今回話題に出した子達はみんな大切な大切な深い友達なので、違和感を感じても疎遠になることはありませんが、たまに会う程度の友達だったら疎遠になるのも仕方ないなと思います・・・。

 

やっぱりいちばん付き合いやすいのは、同じライフステージにいる人なのかもしれませんね。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク