ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年夏に長男出産。主に育児のことやお役立ち情報、妊活について語ります。時々オススメスイーツのことなんかも綴っています。

【沖縄】ブセナ海中公園は子連れにオススメな観光スポット!1歳・3歳を連れて行ってきました☆

こんにちは!

1歳児育児中のハピトマです☆  

ご訪問ありがとうございます。

 

先日、1歳の息子と3歳半の甥っ子を連れて、2泊3日の沖縄へ旅行に行ってきました! 

今日は、初日に行った「ブセナ海中公園」のご紹介をしたいと思います。

ブセナ海中公園はグラス底ボート海中展望塔があり、海に入れない冬でも海を楽しむことができるスポット。

子連れファミリーにとてもオススメできる場所でした!

www.busena-marinepark.com

 

基本情報

営業時間

  • 海中展望塔・・・4~10月/ 9:00~17:30(最終入場) 11~3月/ 9:00~17:00(最終入場)
  • グラス底ボート・・・4~10月/ 9:10~17:30 11~3月/ 9:10~17:00

住所・電話番号

住所:〒905-0026 沖縄県名護市字喜瀬1744-1

電話番号:0980-52-3379

アクセス

自動車で

路線バスで

  • 120番:那覇空港発 ⇒ ブセナリゾート前下車
  • 20番:那覇バスターミナル発 ⇒ ブセナリゾート前下車

空港リムジンバスで

  • 那覇空港発 ⇒ ザ・ブセナテラスビーチリゾート下車

アクセスマップ | 沖縄観光ブセナ海中公園

定休日

年中無休です!

料金

海中展望塔

  • 大人・・・1,030円
  • 中人(高校・大学生)・・・820円
  • 小人(4歳~中学生)・・・520円

グラス底ボート

  • 大人・・・1,540円
  • 中人(高校・大学生)・・・1,230円
  • 小人(4歳~中学生)・・・770円

セット料金

  • 大人・・・2,060円
  • 中人(高校・大学生)・・・1,650円
  • 小人(4歳~中学生)・・・1,030円

注)2019年10月1日より料金が値上げされます。詳細はホームページをご確認ください!

料金一覧 | 沖縄観光ブセナ海中公園

スポンサーリンク

 

ホテル~ブセナ海中公園へ

この日は旅行初日。

お昼頃に那覇空港へ到着し、ホテルに荷物を置いてから、レンタカーでブセナ海中公園に向かいました。

国際通りにあるホテルでしたが、比較的道が空いていたので車で一時間程度で着きました。

 

公園の前にある駐車場はとても広いので、よっぽど混んでいない限り停められると思います。

 

まずはチケットを購入。

チケット売り場及びホームページに、その日の海の透明度や注意事項が書いてあります。 

 
この日は、

  • 海中展望塔・・・少々にごりあり、注意事項なし
  • グラス底ボート・・・良好、注意事項:かなり揺れあり

でした!

グラス底ボートは、底がガラスになっているボートに乗って少し沖まで出て行くので、海の状況によってはかなり揺れるとのこと。 

しかもボートの底をのぞき込む体勢になるので、吐きやすい子には酔い止めを飲ませてあげたほうがいいかもしれません。 

グラス底ボート

チケットを買ったら、トロリーバスに乗ってグラス底ボートの乗り場へ。 

こんな可愛らしいバスに乗ります♪ 

沖縄 ブセナ 子連れ


このバスですが、入り口が段差の大きな階段になっているので、ベビーカーをそのまま乗せるのはとても大変です。 

バスの中も広くはないので、特に混んでいる時にはたたまないと乗れません。

私が乗った時は空いていたのでたたまずに乗せることができましたが、入口も狭く段差が大きいので、一人で乗せるのは無理でした。

 

トロリーバスは20分おきの運行です。

 

途中、こんな場所も見つけました。

ブセナ 子連れ 沖縄

ステキな写真スポットですね☆

 

グラスボトムボートの乗り場までは、トロリーバスで3分ほど。 

こんな可愛らしい船に乗ります♪

子連れ 沖縄 ブセナ

乗り場の所にベビーカーを置かせてもらうことができました。

 

乗ったらすぐ、ボートの底に魚!魚!魚~! 

 

ブセナ 子連れ 沖縄


沖に出れば出るほど、小さいのから大きいの、カラフルなのもたくさん見られました!

1歳の我が子は無表情でしたが、3歳の甥っ子は大はしゃぎ!

そして心配していた揺れですが、かなり揺れるとの注意書きの割りには大したことありませんでした。

ただボートの底を覗き込む感じの体勢がしばらく続くので、吐きやすい子にはやっぱりやっぱり注意が必要。

風が強い日は運休になることもあるようですので、行く前にホームぺージをチェックすることをオススメします。

スポンサーリンク

 

海中展望塔

次は海中展望塔。

海の中に向かって塔が伸びているような構造です。

ブセナ 沖縄 子連れ

 

塔の入り口でベビーカーを預けることができます。

塔の底に向かって階段を降りていくのですが、その階段がこれ。

 

ブセナ 沖縄 子連れ

とても急です!しかも長いです!

ここを子供を抱っこしながら降りるのは、なかなかの試練!

手すりをしっかり掴んで、かなり気を付けて降りましょう!

 

降りた先はこんな感じ。

ブセナ 子連れ 沖縄

海水のコンディションが、「少々にごりあり」となっていたのであまり期待はしてなかったのですが、意外や意外、いろいろな魚がたくさん見れました!

これは小さい子供も大喜び間違いなしのスポット♪ 

 

子連れ 沖縄 ブセナ

これで「少々にごりあり」ならば、クリアな時はどれだけの魚が見られるんだろうか・・・と思ってしまうほど、十分楽しむことができました。

ただとても狭いので、混んでいると動きづらいかもしれません。

座るところなどもないので、長居できるような場所ではないです。

 

その後またトロリーバスに乗って、入り口まで帰っていきました。

まとめ

ブセナ海中公園は大人も子供も楽しめるスポットでした♪ 

那覇からわりと近いので、那覇泊の方で半日でさくっとどこかに行きたい時にはとてもいい場所だと思います。 

グラス底ボートは酔いやすい方は酔い止め必須です!

また、特に風のある日は運行しているかどうかホームページで確認するようにしてください。

海中展望塔の階段はかなりキツめなので、抱っこの赤ちゃんと行くときは、できるだけ荷物を少なめに。

歩きやすい靴で行くことをオススメします!

 

以上、ブセナ海中公園のレポートでした。

最後までお読みいただきありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク