ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年夏に長男出産。主に育児のことやお役立ち情報、妊活について語ります。時々オススメスイーツのことなんかも綴っています。

今朝、胃の激痛に耐えられなくて救急車で運ばれた話。原因は・・・

こんにちは!ハピトマです。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

そうなんです。。。今朝救急車で運ばれました。

ってブログ書いてる場合かよ!って感じですが(笑)

人生初の救急車はすべてが新鮮で救急隊員の方も優しくて・・・。

って言ってる場合かよ!(笑)

記憶が新鮮なうちに記録として残しておきたいと思います。

(【注意!】途中汚い話が出てきます・・・。)

スポンサーリンク

 

突然の胃痛

今朝6時半頃に起きて、お腹が減っていないことに気が付きました。

いつもはお腹空いて起きるのに・・・。

まぁいいやと、レーズンパンとバナナとお茶で朝ごはん。

子供が起きるまでブログでも書こうとパソコンを開いたのですが、

 

「・・・なんだか胃が痛い。」

f:id:hapitoma:20190324161727j:plain

お腹を下したような痛みではなくて、胃痛。

胃がぎゅぅぅぅぅ~っとなるような。

最初は、まぁそのうち治るだろ~と思っていたのですが、どんどんどんどん痛くなる。

7時半を過ぎたくらいから子供にごはんを食べさせたり掃除機をかけたりしていたのですが、痛みはぐんぐん増してゆく。

そのうち、まっすぐ立てないほどの痛みに。

 

9時過ぎに旦那を起こしに行く。

私「ねぇ・・・胃が死ぬほど痛いんだけど。。。」

夫「へ?そーなん?食べ過ぎちゃう~?」

私「・・・」

そうかもしれない。。。ってかそんなおバカな理由だったらいいなと思いつつ、とりあえず着替える。

近所のクリニックへ

旦那がリビングに来た頃にはそんな話にも付き合えないほど痛くなってしまい、近所のクリニックへ行くことに。

すっぴんで髪ボサボサだったけどそんなこと言ってらんない。

 

幸い、徒歩7分くらいのところにあるクリニックが日曜診療をやっているところだったので、前かがみになりながらなんとか歩いて病院へ。

めちゃ混みを覚悟して行ったけど、意外や意外とても空いている。

よ、良かったぁ~

すぐに診察室に呼んでくれて、お腹の触診、そしてレントゲンの撮影。

 

先生によると、

「ちょっと張っているのと、あとお通じが溜まっていますので、それが悪さしているのかもね。」

 

え、お通じ。。。

ってう〇こだよね。

でもお腹が痛いというより胃なんだよなぁ~・・・。

便秘ってわけでもないし。

とりあえず、頓服薬(痛み止め)と胃痛のお薬を数種類処方してもらい、終了。

 

薬をもらって薬局を出たころにはさらに胃の痛みは増していて、帰り道が長い長い・・・。

たったの7分がものすごく遠く感じ、自転車で来ればよかったと後悔。

早く横になりたい・・・。

 

何とか家に到着し、すぐに薬を飲む。

「痛み止め痛み止め痛み止め痛み止め・・・」

と、薬を飲んだ直後くらいから、胃の痛み度がギュイーーーーンと上昇っ!

えぇぇぇぇ・・・なんでよ。

早く痛み止め効いて~早く早く早く早く・・・

と思っている間にもどんどん痛くなる胃。

痛みマックス

ついに、

うぅぅぅ痛いー痛いーっっ!!!!

とうなり声が出てしまうほどの痛みに。

寝っ転がっても座っても立っても、とにかく胃が痛い。

冷や汗が出て、唾液がじわじわ沸いてきて。

そして痛みはマックスレベルに。

あ”あ”あ”あ”あ”~~!!!!と言いながらソファーを蹴り、のたうち回り、歯を食いしばる。

声も震えてきた。

 

こんなふうに痛がるの、出産の時以来だわ・・・

分娩台の上で死ぬほど叫んだあの日のことをすごく思い出した。

って出産はもっともーっと痛かったけど!

 

それまで「大丈夫~?」とのんきにしていた旦那もさすがに「きゅ、救急車呼ぼか?」と聞いてきた。

が、答える余裕がない私。

救急車で病院へ

旦那が救急車を呼んでくれた。

今考えると私ってすごいなー母って強いなーって我ながら思うんだけど、そんな状況でも私、四つん這いになりながらリュックに保存食として置いてあった子供の離乳食(レトルト)とパックのお茶とお菓子を入れたんですよね。

絶対にお昼過ぎると思ったから。

 

7,8分後くらいに救急車が到着。

家を出ると、家の前の地面に座らされて、

(え、ここ?!)

色々聞かれて聴診器当てられて、

(ってここでやります?!)

「血圧測りますよー」ってぷしゅぷしゅされて。

(な、中でやりません…?)

あー、恥ずかしかった。

だってご近所さんみんな見てるじゃん。

ご近所付き合いはほとんどない私だからだれも話掛けてこなかったけど、だからこそなんだか恥ずかしい。

で、ようやくストレッチャーに乗せられ、救急車へ。

一番近くの救急病院に運ばれることに。

f:id:hapitoma:20190324175346j:plain

 人生初の救急車でしたが、とにかく胃が痛くて堪能する余裕なし。

(当たり前だっ!!!)

胃痛に苦しみながらも気が付いたのですが、救急車って「ピーポーピーポー」って鳴らしながら走るけど、赤信号に侵入していく時って、「ウーウー」って音を変えるんですね。

知らなかったなぁ。

 

診察

病院に着いて、ストレッチャーのまま内科に連れて行かれる。

すぐに診察をしてもらえることに。

色々と聞かれて、お腹を触られたり聴診器当てられたり。

その先生が40代くらいの方だったのですが、まぁ~高圧的っ!!!!

 

先生「ずーっと痛い感じ?」

私「はい、ずーっと痛いです・・・。」

先生「波はなくて、ずーっと痛いんだね?」

私「はい・・・たまーにズキン!としますけど・・・。」

先生「だからそれね、波があるって言うの!」

 

と、いきなり怒られてしまいました・・・。

私、泣きそうになる(泣)

でもそういう先生嫌いじゃないかも。

ってドMで変態チックなこと考えながら、ベッドに横になり、採血してもらう。

その後水分の補給と痛み止めの点滴を打つことに。

朝飲んだ痛み止めの薬と点滴が効いてきたのか、胃痛が少し治まってちょっと安心。

CT検査

しばらくすると看護師さんが、「CT検査しますので、これ持って地下に行ってくださーい。」と言いながらクリアファイルを渡してきた。

え、一人で?歩いて?点滴してるんすけど?

と思いながら固まっていると、看護師さんがちゃっちゃと可動タイプの点滴掛けに点滴を掛け変え、「じゃーまっすぐ行って右のエレベーターね!」と容赦なく送り出される。

痛みが少し落ち着いてはいたものの、まだまっすぐは立てず。

前かがみになりながら待合室に出ると、息子と旦那が楽しそうに遊んでいるのを発見。

あぁ・・・大丈夫そうだ。

ずっと子供を心配していけど、旦那がなんとかやってくれていて安心。

私を見つけるなり駆け寄ってくる息子。

「きゃー&%〇#$?&!!!」

と言いながら(?)、抱きついてくる・・・。

あぁ、ごめんね息子。

なんて可愛いんだ。

旦那に離乳食がリュックに入っていることなどを伝え、CT検査へ。

あおむけに寝かされ、大きな丸いドーナツみたいなのに出たり入ったり。

あっという間に終わりました。

まさかの浣腸

待合室に戻ってしばらくすると、名前を呼ばれる。

中に入ると、「浣腸しますねー」

え?え?えぇぇぇ?!

か、浣腸?!

そういえば朝クリニックで「お通じが・・・」って言われたんだっけ。

まさか本当に原因はう〇こなのか?!

私はう〇こ溜まりが原因で救急車に乗ったのか?!

ベッドに横に寝かされ、「5分10分くらいは我慢してくださいねー、すぐ出すとお薬出ちゃうから。」と言いながらぶちゅーーーーとおしりに液体を注入される。

こ、心の準備させてぇぇぇ!!!

めちゃくちゃ気持ち悪い感覚。

そして、

「ここにトイレあるからここでしてくださいね。で、出たら流さずにナースコール押してください。どのくらい出たか見ますから。」

え?え?えぇぇぇ?!

ちょいちょいちょいちょい!!!!

見ますからと言った?!

私のう〇こを見るのか?!?!

ま、まじか・・・・。

と、戸惑っている間にもお腹がぐるぐるぐるぐる・・・。

え、これ5分も我慢できないんですけど。

おおおお・・・絶対無理なんすけど。。。。

こんなに5分が長いと感じたことはないくらい長かった・・・。

グッと、グッと、グッと我慢し、5分経ったらトイレへ。

この先はちょっと、さすがに割愛・・・(笑)

ちゃんと言われた通りにしましたよ!

検査結果

またしばらくして名前を呼ばれる。

先生から、

「血液検査の結果は、特に異常ありませんね。」

「CT検査の結果も特に問題はなさそうなんだけど、う〇ちがすごく溜まっているんだよね。」

と。

 

やっぱり、原因はう〇こで決定のようだ。

うそでしょ・・・

 

便秘じゃないと思っていたけど、2週間前くらいにそういえば便秘だった時があったな。

それがずっと留まっていたということなのだろうか・・・。

 

でも、胃カメラは今はできないから、胃潰瘍とか胃がんの可能性がゼロって言いきれるわけではないです。胃の不調がこれまでもあったみたいだから、ちゃんと検査したほうがいいよ。」

と言われました。

 

会社に勤めていた時に毎年受けていた定期健診では、毎回胃カメラでひっかかっていたんです。

とは言っても「胃が荒れてますね~」と言われる程度ですが。

出産後も胃腸炎で2回ほどお薬をもらったことがあります。

ということで、念のため近々胃カメラの検査を受けてこようと思います。

 

とりあえず、すぐに何かをしなければいけないような問題はないということが分かり、安心。

会計・帰宅

会計をする頃には痛みはほとんど消えていました。

これならバスで帰れそうだ。

で、ドキドキの会計は・・・

 

¥11,740なり~!

 

んー、まぁこんなもんか!といった感じでした。

救急車乗ったし休日だしね・・・。

でも痛い出費だなぁ~

原因が原因だしな~

たくさんブログ書かなくちゃ・・・。

 

そしてバスで帰宅し、駅前でちょっとお買い物をしておうちに帰ってきたのでした。

 

旦那がいる日曜日で本当に良かった。。。

息子と二人の時にこんなことになっていたらどうしてたんだろ?!と考えるだけで恐ろしくなります・・・。

 

以上、今朝起こった救急車騒ぎの話でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

汚い話ですみませんでした・・・。

ちなみに今はすっかり胃の痛みも消えて、お腹が減ってきました(笑)

 

ポチっとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク