ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年夏に長男出産。育児に関するお役立ち情報や日々のこと、妊活について綴っていきます。

【1歳児知育】初めての英語教材はどれにする?お手頃価格で音声付きの知育教材見つけました☆

こんにちは!ハピトマです。

ご訪問ありがとうございます☆

 

子供を英語に触れさせたいけど、初めての教材はどんなものがいいのか迷ってしまいますよね。

 

先日、英語教育に関するブログをアップしましたが、少しでも英語に触れさせたいけど何かいい教材ないかなー?とここ数週間ずっと探しておりました。

www.hapitoma.work

 

色々検索したり、本屋さんでじっくり吟味したりしてみたけれど、どれがいいのか分からん!!!

どんなものなら子供が楽しく遊んでくれるのだろうか。

スポンサーリンク

 

検討した教材:タッチペンタイプ

最初に検討したのは、タッチペンタイプ(音声ペン)のもの。

絵を付属のペンでタッチすると発音してくれるという素晴らしいアイテム。

 

私が手に取ってかなり迷ったのは、

 


AEON KIDS イーオンこども英会話監修 はじめてのえいごレッスンえほん (音のでる知育絵本)[本/雑誌] / イーオンこども英会話

英会話大手イーオンの「はじめてのえいごレッスンえほん」と、

 


にほんごえいごおしゃべりことばのずかん新装版 ([バラエティ]) [ 仲田利津子 ]

 

教育業界の大手、ベネッセから出版されている「にほんごえいごおしゃべりことばのずかん」。 

 

どちらも子供が握りやすいよう考えられたペンが付属しており、絵や文字をタッチするとその英語を聞くことができます。

遊び感覚で英語を自然に身に着けることができるので、「これはイイ!」と直感的に思いました。

 

「にほんごえいごおしゃべりことばのずかん」のほうは日本語に切り替えることも可能なので、まだ言葉が全然出てくれない我が子には良さそう。

 

AEON KIDSの方は日本語は収録されておらず、”日本語を介さない”、”バイリンガルの耳を育てる”など、本格的な英語教育をしたい方向けな感じ。

これもまた魅力的です。

 

どちらも英単語や日常会話のフレーズが何百語も収録されており、英語の歌も何曲

か入っています。

結構ずっしりとしており、なかなかのボリューム。

かなり長く遊べるのではないでしょうか。

タッチペンタイプを買わなかった理由

本屋さんで何度も手に取り、ネットでも散々調べてどっちにしようかと迷ったのですが、結局買うのをやめてしまいました。

何故かというと、いちばんの理由はお値段です。

 

AEONの方は5,130円。

ベネッセの方は4,298円。

 

ちょっと高い!!

じーじやばーばにお願いするレベルの値段です。

ってこのくらい買ってやれよ!って声が聞こえてきそうですが(笑)

 

それから、我が子にはちょっと早いかも?と思ったのも理由のひとつ。

AEONの方は対象年齢が2歳以上、ベネッセの方が対象年齢1歳半以上。

現在1歳7カ月の我が子。

対象年齢的にはドンピシャじゃん!って感じなのですが、お絵かきが嫌いな我が子がペンを大人しく握ってくれる気がしなかったんです。

 

お絵かき用にペンを渡してみても、ちょっとだけ書いてポイ!

マグネットタイプの書いて消せるボードを買ってあげても、ポイポイ!!

 

・・・きっとこれもポイってされるんだろうな。

と思ったら買う気が失せてしまったのです(笑)

 

最終的に買ったのはコレ

そして先日、ついにこれだ!と思うものが見つかったんです☆

英語知育絵本

はじめてのABC 絶対のばす脳育キッズ ([バラエティ])です。

これはタッチペンタイプではなく、ボタンを押すタイプの英語知育教材。

なんでもボタンを押したがる息子にはピッタリ!

 

f:id:hapitoma:20190409081405j:plain

開くとこんな感じ。

絵がすごくかわいいんです♪

上部分が絵本、下部分がボタンになっています。

 

英語知育絵本

ボタンを一回押すとアルファベットを発音。「A」

続けてもう一回押すと絵本に描いてある絵を英語で発音。「エアプレイン」

さらに続けてもう一回押すと日本語を発音。「飛行機」

下の数字は英語発音のみです。

 

ボタンにはアルファベットと発音する絵が描いてありますので、絵本と合わせて「ライオンさん!同じ絵だね~」とか、「ネコちゃんのボタンどこかな?」なんて話掛けながら一緒に楽しんでいます。

 

右下の「ABC Song」のボタンを押すと、ABCの歌が流れます。

英語知育絵本

 

上の「クイズ1」を押すと、「Mを押してね!」とアルファベットのクイズが出されます。

「クイズ2」を押すと、「airplaneを押してね!」と英単語のクイズが出されます。

正解すると、「You did it!」や「Good job!」、不正解だと、「Oops!」や「Try again!」などと音声が流れ、少しですが自然な言い回しを学べます。

英語知育絵本

息子の好きなパトカーのページもありました♡

 

音声が出るのはAからZの26語と数字、そしてABCの歌のみ。

AEONやベネッセのものと比べると収録後数は全然少ないですが、ボタンを押すのが大好きな息子はとても楽しそうに遊んでくれています。

ごはん中も、これで遊ばせろー!とせがんできます(笑)

 

そしてお値段は2,030円です。

これなら気軽に買える値段!

 

楽天派の方↓↓↓


はじめてのABC 絶対のばす脳育キッズ 英語 <幻冬舎> 2歳〜

 

amazon派の方↓↓↓ 


はじめてのABC 絶対のばす脳育キッズ

 

コストコがお近くにある方は是非コストコでも探してみてください。

1,200円くらいで売ってました!

 

いずれはタッチペンのものを買おうかと思っていますが、とりあえず今はこれで大満足しています♪

いきなり本格的なのはちょっと・・・という方もピッタリです!

 

以上、今日は英語の知育教材のご紹介でした☆

最後までお読みいただきありがとうございます♪

ポチっとしていただけると嬉しいです(´Д`)↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク