ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年夏に長男出産。育児に関するお役立ち情報や日々のこと、妊活について綴っていきます。

【意外だった童謡のこと②】メリーさんのひつじってこんなに長かったの!?実話に基づいた童謡。

こんにちは!

1歳児育児中のハピトマです。

 

先日、ABCソングの意外だったお話をしました。

www.hapitoma.work

息子と一緒に童謡の動画を見ていた時のこと。

おなじみの「メリーさんのひつじ」が流れたのですが、それがすごく長くてびっくり。

調べてみたら、意外な事実も分かりました。

「メリーさんのひつじ」の歌詞

メリーさんのひつじ

めりーさんのひつじを歌ってくださいって言われたら、どう歌いますか?

私は、

「めーりさんのひつじーひつじーひつじー、めーりさんのひつじはかわいいな~」

・・・これが全てだと思っていました。

が、実際はもっとずっと長いんです。

youtu.be

メリーさんのひつじ メェメェひつじ メリーさんのひつじ まっしろね

どこでもついてく メェメェついてく どこでもついてく かわいいわね

あるとき学校へ 学校へ学校へ あるとき学校へ ついてきた

生徒が笑った アハハアハハ 生徒が笑った それを見て

先生はかんかんに 怒って怒って 先生は怒って 追い出した

メリーさんは困って 困って困って メリーさんはしくしく 泣き出した

 

こんなに長いのー!とびっくりしたのは私だけでしょうか?

しかも私が思っていた歌詞とは全然違う・・・。

よく見ると一連の出来事を歌にしたような歌詞です。

 

ちなみにアメリカで生まれた歌で、元のタイトルはMery had a little lamb」。

歌詞は、前半は日本語訳と大体同じですが後半はちょっと違います。

そして日本語訳よりも元の歌詞は長いです。

1.

Mary had a little lamb
Little lamb, little lamb,
Mary had a little lamb
Its fleece was white as snow.
2.

Ev'rywhere that Mary went,
Mary went, Mary went,
Ev'rywhere that Mary went,
The Lamb was sure to go.
3.

It followed her to school one day,
School one day, school one day,
It followed her to school one day,
Which was against the rule.
4.

It made the children laugh and play,
Laugh and play, laugh and play,
It made the children laugh and play,
To see a lamb at school.
5.

And so the teacher turned it out,
Turned it out, turned it out,
And so the teacher turned it out,
But it still lingered near.
6.

And waited patiently about,
Patiently about, patiently about,
And waited patiently about,
Till Mary did appear.
7.

"Why does the lamb love Mary so?"
Mary so, Mary so,
"Why does the lamb love Mary so?"
The eager children cried.
8.

"Why, Mary loves the lamb, you know."
Lamb, you know, lamb, you know,
"Why, Mary loves the lamb, you know."
The teacher then replied.

(出典:Wikipedia

スポンサーリンク

 

実話に基づいた歌だった

調べてみると、「メリーさんのひつじ」は実話に基づいたポエム(詩)から生まれた歌なんだそうです。

 

メリー・ソーヤーという女の子がペットとして飼っていた羊をある日学校に連れて行ったら大騒ぎになりました。

それを見て喜んだジョン・ルールストンという学生が、この出来事をもとに書いたポエムをメリーに手渡したとされています。

メリーさんの家は実在

メリー・ソーヤーの家はマサチューセッツ州スターリングという町に実在してるんだそうです!

が、残念ながら放火により2007年に焼失してしまったとのこと・・・。

この歌が生まれたのが1800年代ですので、かなり古い家だったんでしょうね。

この町の中心には、歌に出てくる羊の像が建てられているそうです。

メリーさんが通う学校も実在

歌に出てくる学校も実在しており、現在はマサチューセッツ州のサドベリーというところに移転されているそうです。

レッドストーンスクールと呼ばれており、建てられたのはなんと1798年

かなり歴史のある学校ですね。

歌に出てくる学校とされている建物

(参考サイト:Wikipedia

 

以上、「メリーさんのひつじ」の意外な事実についてでした!

普段何気なく聞いている童謡も、調べてみると面白いですね☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク