ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年夏に長男出産。育児に関するお役立ち情報や日々のこと、妊活について綴っていきます。

妊娠中に価値観を押し付けられてモヤっとした話。あなたは私じゃないのです。

こんにちは!

1歳児育児中のハピトマです。

ご訪問ありがとうございます。

 

妊娠中はホルモンの影響もあり、精神的に不安定になりがち。

そんなデリケートな時期に、出産経験のある友達や親と話していてものすごーくモヤっとすることが何度もありました。

もしかしたら、皆さんも無意識にやってしまっているかも・・・?!

今日は、そんなお話です。

妊娠中の生活に口出しされてモヤモヤ

妊娠中って、カフェインは控えろとか生ものは避けるべきとか、いろいろと制限が多いですよね。

ネットで調べると、あれはダメこれもダメと、わんさか情報が出てきます。

やっとの思いで第一子妊娠した&心配性の私は、無理のない範囲でそれらの情報の通りに色々なものを避けるようにしていました。

 

とは言っても、避けていたのは

  • カフェイン
  • 生もの
  • 一部のハーブ
  • 無理な足つぼマッサージ
  • 無理な背伸び・寝起きの伸び
  • 重たいものを持つ
  • 自転車に乗る

くらいです。

それによってストレスを感じることはなく、むしろ「避けてるから大丈夫」と精神安定剤のようになっていました。

 

子供が二人いる友達とレストランで食事をしていた時のこと。

私が

「コーヒーはやめとこう~。」

と言うと、

「コーヒーくらい大丈夫でしょ!!そんなに気にしなくても平気だから!私なんて妊娠中がばがば飲んでたよ!!」

と、コーヒーを飲むよう促してきたのです。

f:id:hapitoma:20190506075736j:plain

確かに妊娠中でも一日2杯程度なら飲んでも影響はないと言われていますが、コーヒーは身体を冷やしたり子宮収縮作用があるなんて話を聞いたことがあったので、飲むならカフェインレスにするようにしていたのです。

大丈夫大丈夫!飲みな~!と何度も言われて、なんだかモヤモヤ。

 

別の友達数人で集まって食事をした時、お刺身が出てきてしまったことがありました。

f:id:hapitoma:20190506075717j:plain

「生ものはちょっとやめておくわ・・・。」

と言うと、出産経験のある友達に

「えー!何言ってんのー!?大丈夫でしょ!食べない方がいいのマグロだけだよ。気にしすぎだから!」

と、ちょっと馬鹿にされてしまったのでした。。。

妊娠中は免疫力が下がるため、食中毒にもかかりやすくなります。

胃腸に自信がなかったのもあって避けていたのですが、そんなふうに言われてしまいモヤモヤ。

 

他にも、似たようなことがたくさんありました。

出産経験がある人は、自分が大丈夫だったから「大丈夫大丈夫!」って言ってくれているんだとは思うのですが、それはその人が大丈夫だっただけのこと。

私は大丈夫じゃないかもしれない。

本当かどうかは分からないけれど、実際に食べてしまって・やってしまって大丈夫ではなかったという話はたくさんあります。

あなたと私は違うんだから、そんな無責任なことは言わないでほしい。

それで問題が起こったって、あなた責任取れないでしょう?

妊娠中でピリピリしていたのか、私は言われるたびにこんなふうに思っていました。

スポンサーリンク

 

退職問題でモヤモヤ

出産を機に、それまで長年勤めていた会社を退職して専業主婦になりました。

仕事を辞める決心はなかなかつかず、ぎりぎりまでかなり悩みました。

 

お金のことが心配だから仕事はしたい。

でも育休中は会社の仲間に多大な迷惑がかかる。(小さい法律系の事務所でした。)

会社の人間関係で悩んでたからやめるにはいい機会。

旦那は家事を全くしないから分担は厳しそう。

完璧主義気味の私は仕事と育児で絶対に毎日イライラする。

でもやっぱり収入が半分になるのはなぁ・・・・。

 

などなど、何日もたくさんたくさん考えて、旦那や会社の先輩に何度も相談して、いっぱい悩みました。

ですが最終的に旦那が

「イライラするの見たくない。いつも笑顔でいてほしい。俺が頑張って稼ぐから。」

と言ってくれたのが決め手となり、辞めることを決意したのでした。

 

その後、ある友達に「辞めることにしたんだ。」と言うと、

「えーー!!なんで!もったいないよ!!絶対絶対続けた方がいいよ!!」

「正社員に戻るの大変だよ?!絶対にもったいない!」

と「絶対」を連呼。

本人はバリバリのワーママ。

確かに、もったいないのは分かるんだけどね・・・とモヤモヤ。

 

同じく妊娠中で仕事を続ける予定の子には、なぜ辞めることにしたのかを詳しーく聞かれ、

「旦那さんに家事やらせればいいでしょ!」

「会社への迷惑なんて考えちゃダメだよ!権利なんだから!」

と、なんだかちょっと叱られてしまいました。

その子の旦那さんは、仕事もバリバリこなして家事もやってくれるスーパー夫。

確かに権利って話も分かるんだけど、あなたの会社と私の会社は人も状況も全く違うから・・・とモヤモヤ。

 

家族にも最初は止められました。

もったいないと。

私がたくさん考えて決意したことを、何も知らないのに簡単に否定しないでよ・・・

と、悲しい気分になりました。

あなたは私じゃない

出産を終えて、「気にしなくて平気だよ!」とか「もったいないよ!」とアドバイスをくれた人達の気持ちは分からないでもないです。

 

ですが、妊娠中の身体も仕事のことも、人と比べるもんじゃないと思うんです。

身体は人それぞれ違いますので、自分が大丈夫だったからあなたも大丈夫!!とはなりません。

特に妊娠中の身体はデリケートなので、大丈夫大丈夫ー!と言われて大丈夫ではなかった場合、大変なことになります。

責任を取ってくれるわけでもないです。

退職するか続けるか問題も、家庭の経済状況や会社との関係性、本人の気持ちは、人によって全然違うはず。

 

妊娠中で神経過敏になっていたのかもしれませんが、人とこれらの話をするのがとてもイヤでした。

また否定される、馬鹿にされる、と。

スポンサーリンク

 

相手を尊重する大切さを学べた

とは言っても、私ももしこんな経験をしていなかったら、同じように「いやいや大丈夫だからー!!」のようなことを言ってしまっていたかもしれません。

自分の価値観に合わせて、ついつい言ってしまいそうになりますよね。

 

でも、何人もの人から否定されたり反論されたりしたことで、たとえ自分の考えとは違ったとしても、一度受け入れて尊重することが大切だなと学べました。

私の知らない事情があるのかもしれない。

私とこの人は同じじゃない。

自分のものさしで頭ごなしにものを言うべきではない。

むしろ、そういう考えもあるのねーとまずは受け入れるべきだな、と。

コミュニケーションにおいて基本的なことかもしれませんね^^;

 

現在妊娠中の友達が二人ほどいますが、自分と違っても無責任なことを言わないよう気を付けようと思います。

特に妊娠中の生活に関しては、一度妊娠を経験しているとついついポロっと「そんなの大丈夫だから!!」と言ってしまいそうになりますが、何か問題が起こっても責任取れませんからね・・・><

 

以上、妊娠中にモヤモヤした話でした。

最後までお読みいただき誠にありがとうございますm(__)m

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク