ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年に長男、2020年に長女出産。主に育児のことやお役立ち情報、妊活について語ります。

コストコのベビー用紙エプロン「ビブスター(Bibsters)」が超優秀でオススメ!使い方や特徴をご紹介!

こんにちは!

専業主婦で2児の母のハピトマです。

ご訪問ありがとうございます。

 

コストコが大好きな私。

お気に入り商品はいくつかありますが、そのうちのひとつ、「ビブスター(Bibsters)」がとっても便利なのでご紹介したいと思います!

 

「ビブスター」は使い捨てのスタイ(ベビー用使い捨て紙エプロン)です。

子供が食事の際に服が汚れるのを防いでくれます。

 

おうちでは洗って繰り返し使えるエプロンかと思いますが、外出先ではやっぱり使い捨てが便利ですよね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

コスパがいい

コストコ ビブスター 使い捨て紙エプロン

 

ビブスターはコストコで買えますが、なんと言ってもコスパがいい!!

 

割引になっている日もありますが、お値段は1,100円程度。

一箱で60枚入っていますので、一枚当たり19円くらいです。

(先日購入した時は¥1,128でした。)

 

使い捨て紙エプロンは100均でも売っていますが、3枚程度しか入っていませんので、一枚当たり30円くらいになります。

 

千円を超えるとちょっとお高く感じますが、ビブスターの性能を考えても、100均の紙エプロンより断然コスパが良いのです。

 

ネットでも買える

 

コストコオンラインで検索したところ、現在1,398円(税込)で販売されているようです。(2020年10月現在)

 

楽天などでも購入することができますが、やはり店舗で買うよりは少しお高め。

 

とはいうものの、百均で三枚入りを買うよりもお安いですので、コストコが遠い、会員ではないという方はネットで購入するのもアリです。

 

防水性が高く丈夫

ビブスター 紙エプロン コストコ

 

使い捨て紙エプロンでごはんを食べさせる時に重要なのが、防水性!

 

100均のものだと、派手にべちゃべちゃにされた時にじわじわと裏側に染みてきてしまいます。

それにペラペラなので途中でヘタってきてしまうし、場合によってはもう一枚、なんてことも。

 

一方ビブスターは、「布状シート(表面)」「吸収シート」「防水シート(裏面)」の3層構造になっており、防水性に優れ、分厚くて丈夫。

裏に染みて服が汚れてしまう心配がありません!

 

コストコ ビブスター 紙エプロン

 

裏面はしっかり防水仕様です。

 

3層構造なのでしっか分厚め。

多少引っ張っても破れません。

 

うちの息子は食事の中盤になるといつも紙エプロンを引きちぎってしまうのですが、ビブスターを使うようになってからは破られることがなくなりました!

しっかりしたポケット

紙エプロンってポケットがへにゃへにゃしていて、こぼしたものをキャッチしてくれない時がありますよね。

 

ボトボトボトーっとこぼされてしまうと、ポケットの形が崩れそのままズボンへ・・・なんてことも多々あります。

 

ですがビブスターは、ポケットもしっかりしているので食べこぼしで服が汚れる心配が少ないのです。

 

ビブスター 紙エプロン コストコ

息子が付けている様子。

 

しっかりとポケットが広がっていますよね。

ブロッコリーのかたまりが落っこちても、ポケットがヘタることなくしっかりキャッチしてくれました。

ポケットの広げ方

紙エプロンのポケットは裏返してポケット状にするタイプのものが多いですが、コストコのビブスターはちょっと違います。

 

ポケットの上部を内側に折ると、ポケットが広がった状態をキープできる仕組みなんです。

 

ビブスター コストコ 紙エプロン

 

ポケットのフチのところに「FOLD ME IN」と書いてありますね。

直訳すると、「わたしを内側に折ってね」です。

この部分を内側に入れるように折り込みます。

 

コストコ 紙エプロン ビブスター

 

こんな感じでしっかりと開いてくれます。

箱にこの説明が書いてありますが、英語でしか書いておらず、図もちょっと分かりにくい・・・。

 

コストコ ビブスター 紙エプロン 使い方

 

 

和訳するとこんな感じです。

  1. ポケット上部の両端を持つ
  2. ポケット上部分をビブ(エプロン)側に折る
  3. ポケットを優しく外側に引っ張り、広げる

 

あくまで紙エプロンなので子供が動いているうちに閉じてしまうこともありますが、100均のものと比べたら断然しっかりしています。

 

近所の友達は他の紙エプロンと同じようにクルっと裏返して使っていました。

エルモの柄が裏側になってしまいますが、その方がよりポケットが大きく広がるので、それもアリかもしれません。

 

マジックテープで繰り返し付けられる

ビブスター コストコ 紙エプロン

 

これは首の部分ですが、付けるところがマジックテープになっているんです。

よくある紙エプロンは両面テープタイプですよね。

お店でもらえるものだと結ぶタイプもあります。

 

マジックテープなら何度でもつけたり取ったりできますので、もし全然汚れなかった場合は再利用できちゃうんです!

 

両面テープのごみが出ないってところも地味に嬉しいポイント!

 

家でも活躍

ミートソースやカレーのように、確実に汚れ、しかも落ちにくくてエプロンの洗濯が面倒なごはんの場合は家でもビブスターを使っています。

 

使ったウェットティッシュなんかと一緒にそのままポイっと捨てられるので、超ラクチン。

 

エコ的には良くないですけどね^^;

 

まとめ

3層構造で防水性に優れ、分厚くて丈夫なビブスター。

両面テープではなくマジックテープなので、付けはずしもラクラクです。

一箱1,100円と考えると高く感じますが、これだけ性能が良くて一枚当たり約19円と思うとかなりコスパがよく、百均のものよりも安上がりなんですね。

 

さすがコストコ、いいもの扱ってます☆

 

以上、コストコのベビー用使い捨て紙エプロン「ビブスター」のご紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村