ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年に長男、2020年に長女出産。主に育児のことやお役立ち情報、妊活について語ります。

なんで分かってくれない?!夫にイライラ!男脳を理解して穏やかに暮らす方法。

こんにちは!
0歳児&2歳児育児中のハピトマです。
 
ご訪問ありがとうございます!
 
結婚して5年。
愛し合って結婚したはずの夫でも、長く一緒にいると、大きなケンカこそないものの、イラっとすることがしょっちゅう。
 
何でこんなこともできないの?!
何度言ったら分かってくれるの?!
 
…なんてきつい言葉も、育児で余裕がないとつい出てしまったりするんですよね。
 
理解できない夫の行動に毎日イライラ、時には嫌味を言ってしまう自分がほとほとイヤになり、これはどうにか状況を変えるべく動かなければ、という事で、考え方を見直すことに。
 
男性脳特有の思考回路(もしくはうちの旦那特有の思考回路かも…)をふまえて捉え方を変えてみたら、イライラすることが少し減ったような気がするのです。
 

 

スポンサーリンク

 

分かってくれないではなく伝わっていない

夫 イライラ

なんで分かってくれないの!
私ばっかり頑張ってる!
こんなこともできないの?!
 
…腹立たしいですよね本当に(-_-;)
 
我が家では毎日のように「夫が分かってくれない問題」が勃発しています。
 
が、こちらが「当然分かってるよね」と思っていても、主人からすればそんなこと夢にも思わないようなことだったりするようです。
 
たとえば、
 
ある日の夕方、「洗濯物入れてくれる?」
と頼んだところ、こちらとしては当然ハンガーやピンチから洗濯物を外してくれるものと思っていたのですが(たたむまでは期待してない…)、見るとハンガーやピンチがついたままの洗濯物がソファーに山積みになって放置されていました。 
 
洗濯物を入れたとは言えないだろ…(-_-;)
 
息子がぐちゃぐちゃにして残したおかずを、キッチンにいた主人に「これ捨てといて?」と渡したところ、なぜかシンクの排水口にボトボトと捨ててしまったり。
 
なぜそこ!?!?ゴミ箱でしょう(-_-;)
 
「ごはん食べるの見てあげてー」とお願いしたら、ぐちゃぐちゃに食事する息子をただただじーっと見ていたり。
 
なんかしてあげてよ(-_-;)
 
0歳児におっぱいをあげながら2歳の息子のぐずぐずケアをしていても、知らんぷりでスマホいじってたり。
 
助けろよ!!!
 
などなど。
 
いずれも怒ったりはしませんでしたが、なんで分からないかなぁ?!とついイライラ…。
 
でも主人からしたら、え?何が悪かったの?ということらしいのです。
 
洗濯物入れて?→洗濯物入れた。
捨てて?→捨てた。
見てて?→見てた。
 
確かに、何も間違ってはいないのです。
 
つまり、私が頭に描いていたことと、(私の発した言葉によって)主人が想像したことに、相違が生まれてしまっているだけなのです。
 
いやそれくらい少し考えたら分かるだろうよ…想像力使えよ…。
と思う気持ちは溢れるほどにあるのですが、男というのは「察する」という能力が著しく低い生き物らしいので、こちらが当たり前のように考える「これをするってことはあれもこうしてああして…」のような思考にはならないようなのです。
 
それなのに「それくらい分かれよ!」と怒るのは、ある意味かわいそうなんです。
 
分かってくれないのは男性の特性として当たり前で、伝わっていないのです。
 
私がもっとちゃんと伝えるべきなのです。
 
夫が察してくれるのを期待するのは本能的に無理な話。
 
私の言葉が不十分なのです。
 
そう考えると、なんでそんなこと分からないんだよ?!と100%相手のせいにしてイラつくのではなく、ちゃんと伝えられてなかったんだな、と自分にも非がある格好になるので、腹立たしい気持ちも軽減されるのです。
 
恋人同士でもよくある話ですよね。
こうしてくれるだろう、と期待してたのに一向にしてくれない彼。
で、彼女プンプン。
男性からすれば、そんなの言ってくれなきゃ分からないよ!超激ムズ問題だよ!ってことなんですよね。
 

スポンサーリンク

 

丁寧な説明を心掛ける

 
ということで、主人に何かを頼むときは、よほどやり慣れてることでない限り丁寧に説明するよう心がけています。
 
とは言ってもあまりくどくど説明するとウザがられるだろうし、上から目線にもなりかねないので難しいところですが。
 
例えば、「おむつ替えて〜」ではなく、
 
「おむつ替えて、この袋に入れて、ギュッと縛って外のゴミ箱に入れてね!」
 
のように。
にもかかわらず最初おむつを入れた袋が風船のように空気で膨らんだ状態で縛られていた…これも私の言葉足らずか…。)
 
2人の子供のケアと家事で手が足りない時は、いちいち指示する。
「指示」と言うと上から目線に感じますが、指示をしないと動けないのが男。
本当なら状況を見て察して欲しいんですけどね。
 
してほしいことを、細かく説明する。
 
夫曰く、いちいち言われるのではなくむしろマニュアルがあってくれるとありがたいのだとか。
 
マニュアルって…仕事か?!(笑)
男性ってそういうもんなんでしょうか。
 
さすがに日々の家事マニュアルなんて作っていられませんけどね。
(とんでもないページ数になるでしょう…)
 
出産で4日間入院した時には、ゴミ捨てや掃除など最低限やってほしいことの詳細マニュアルを作って渡したらとても喜ばれました(笑)
 

それでもブチ切れる時あるけどね

 
そんな感じでちょっと考え方を変えて意識してみてら、イライラしてきつい言葉をぶつけてしまうことが減ったのです。
夫を教育して理想に近づけることもできるかもしれませんが、うちの夫に関しては5年間様々な努力(思い切り思いをぶつけてみたり、大げさに褒めてみたり…)をしても変わらなかったので、こうやって意識を変えるしかないなというのが私の至った方針。
 
それでも、ブチ切れてしまうことはありますが…
人間なので仕方ないです。
 
これは余談になりますが、夫がドーナツを買いに行くと言うので、
 
「私チョコファッションがいい!オールドファッションじゃないよ、チョコレートかかってるやつだからね。チョコファッションだよ!
 
と言いました。
 
間違えないように、繰り返し、言葉を変えて。
 
家に帰ってきて、袋を開けたらそこにはオールドファッションが入っておりました。
 
「え?オールドファッションって言ったやん。」
 
ですって(-_-;)
 
今思えばくだらないことですが、思いっきり怒ってしまったのでした。。。(笑)

スポンサーリンク