ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年夏に長男出産。主に育児のことやお役立ち情報、妊活について語ります。時々オススメスイーツのことなんかも綴っています。

まさかリウマチ?!産後ナゾの関節痛・手のこわばりに悩まされた話。治ったきっかけは?

こんにちは!

1歳児育児中のハピトマと申します。

 

あれは第一子を出産して半年ほどがたった頃のこと。

朝起きると、

 

「なんか、手が痛い…」

 

指の関節痛がかたーくなったような感覚があり、ギスギスして動かしにくい。

 指がひと回り太くなったような。

ギューッと握ってもあんまり力が入らないような。

 

なんだこりゃ・・・

産後 リウマチ

すぐに治るかと思いきや、日に日にひどくなる手のギスギス感。

 

ずっと子供を抱っこしているから、腱鞘炎ってやつか…??

 

が、そのうち、

 

「なんか、ひざも痛い…。」

 

手の関節痛だけではなく、ひざまで痛みだしたのです。

常に痛いのではなく、ずっと座ってて立ち上がる時や、朝起きてベッドから降りる時に、関節が痛い痛い。

指と同じく、関節がギスギスするような、油切れみたいな感じ。

 

その痛みは日を追うごとに強くなり、

脚の付け根、そして足首にまで広がりました。

 

「いてててて…。。。」

 

立ち上がるのも、ゆーっくり…

歩き出す時も、少しずつ関節を動かして、慣らしてからでないとめちゃくちゃ痛い。

寝起きなんかもう、体中ガチガチ地獄。

 

その姿は、まるでおばあちゃん!

 

でも、手もあしも、しばらく動かしていると痛みが軽減していくんだよね。

なんなんだ、これは。。。

 

「産後 手がこわばる」とか、

「産後 関節痛」とかで調べてみると、

 

リウマチ

 

という言葉がちらほら…

 

えー!!

 

リウマチって、ひどくなると指とか変形しちゃうやつだよねぇ?!

免疫がおかしくなっちゃうやつじゃなかったっけぇ?!

 

ひぃ〜ウソでしょ(泣)

 

うちのばーちゃんがリウマチだったから、ご老人の病気かとばっかり思っていたのだけれど。

 出産をきっかけに発症する人も多いらしいんです。

 

色々と検索していると、産後私と同じように関節痛がひどくなって、

 

リウマチを疑われて血液検査をしたとか、

結果リウマチって言われたとか、

リウマチは完治しないとか…

 

怖い話がたくさん出てくるではないか!

しかも初期症状とか、あてはまることがたくさんあるし。

 

ひぃ〜〜〜(泣)

どうしようどうしよう…

 

病院行こうかなぁ…

 

でも、こんな乳飲み子連れて病院行くの大変だしなぁ…

 

特に足首らへんの痛みがひどくて、

児童館で11時半からやってるみんなで体操タイムの時も、

数分前から足首をよーくよーく回して準備。

 

めっちゃ気合入ってる人みたいだった(笑)

 

それでも痛い時は痛くて、ジャンプなんて全然できなかった。

周りのママ達は元気に踊っているのに、一人子供の横で体育座り。

 

体動かして「あいたたた〜」って、ほんと年寄りだよこりゃ。。。

 

ある日、出産経験アリの妹に相談してみたら、

 「あー、私もなったなったー。痛かったよ〜。もう治ったけど。」

 

お?そなの?

一筋の光がっ!(゜_゜)キラーン

スポンサーリンク

 

 

結局、痛い痛いと言いながらも日々は過ぎてゆき、

 

息子が一歳半になった今、

痛みはどうなったかというと・・・

 

まっっったくありません!!

 

きっかけが何だったのか、本当のところはよく分かりませんが、

関節痛が急に軽減していった時期に何があったかというと、

 

卒乳、そして生理の再開。

 

体にとって大きな大きな変化ですよね。

息子が一歳になってすぐに卒乳、その翌月には生理再開でした。

 

出産してから半年後くらいから痛み出したので、半年以上関節痛と手のこわばりに悩まされていたことになりますね。

 

ホルモンバランスの変化が影響したのかなぁ?

よく分からないのですが、生理再開後はどんどん関節痛が気にならなくなり、

気がついたら朝はシャキーン!階段もだっだっだっだっ!と動けるようになっていました。

 

体操タイムだってへっちゃらです。

 

あの苦しみはいったいなんだったのか…。

 

よくわからないままですが、産後の関節痛ってどうやらよくあることらしいので、そんなに重たく考えなくても良かったのかな?と思います。

 

とはいえ、本当にリウマチとか膠原病とか発症している場合もあるようなので、心配な方は病院で検査してみてくださいね。

 

こうして、「半年間のおばあちゃん体験」は幕を閉じたのでした〜。

 

お年寄りに席を譲る大切さをより強く感じることができた気がします(笑)

スポンサーリンク