ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年に長男、2020年に長女出産。主に育児のことやお役立ち情報、妊活について語ります。

外出自粛にテレワーク…家族時間増によるイライラをどう抑えるか

こんにちは!

2歳児&0歳児育児中のハピトマです。

ご訪問ありがとうございます。

 

新型コロナウイルスの感染拡大がなかなか収まらず、皆さんおうちで過ごすことが多くなっているかと思います。

 

外になかなか出られないのはもちろん、

楽しみにしていた予定をキャンセルしたり…

感染を気にしながら買い物したり…

幼稚園や学校に行けなかったり…

 

大きなストレスですよね(-_-;)

 

私も家でじっとしていたくない性格なもので、自粛生活は本当にストレスです。

そんな中、意外にも大きなストレスとなってしまっているのが、家族との時間!!

 

コロナ イライラ

 

我が家には2歳8ヶ月の長男と生後2ヶ月の長女がおります。

 

上の子はイヤイヤ期真っ盛りでとにかく世話が大変。

スイッチが入ると、とにかくぐずる。

そしてよく泣く。

 

おもちゃを手当り次第ぶん投げ、パズルのピースを部屋中に撒き散らし、ごはんをわざと吐き出し、コップをひっくり返し、こぼれたお茶の上をわざと歩く。

 

ごはんはイヤ!

お風呂はイヤ!

ねんねはイヤ!

ママはイヤーーー!!!

 

とりあえずイヤ!と言っておけばいいとでも思っているのだろうか。

 

いたずらばかりで、やりたい放題な我が子。

さとすように叱っても、つい感情的に怒鳴ってしまっても、全く響かない様子。

 

とにかく、日々理不尽な息子との戦いが繰り広げられております。

 

スポンサーリンク

 

 

一方2ヶ月の赤ん坊はと言うと、上の子が0歳の時と比べるとはるかに扱いやすく、よく寝てくれる子です。

背中スイッチもあまり作動しません。

が、やはり赤ちゃんは赤ちゃん。

グズグズな日もあるし、夜中の授乳やお風呂などなど、大変なことがたくさんです。

 

二人目の出産前、夫には育休を取るかテレワークをしてほしい!と強く思っていました。

上の子の世話が大変過ぎて、ここに新生児の世話がプラスされるなんて鬱になるわ!と思っていたからです。

 

お願いしてみたところ、なるべく休むわーとか、週一でテレワークかなー、なんて言っていましたが、結局育休もテレワークも実現することはなく、退院直後からほぼワンオペ育児…。

 

それからひと月半後。

 

コロナウイルス感染拡大の影響で、夫の会社もついに完全テレワークになったのです。

 

理由はどうであれ、毎日家に夫がいてくれる!

少しは気がラクになるかしら!

大人の目が増えるというだけでも安心ですからね。

 

が…。

 

蓋を開けてみれば気がラク、安心、なんて程遠く。

 

夫は朝起きてごはんを食べ、すぐに別室へ。

お昼の12時頃にリビングへ戻ってきて、用意されたごはんをササッと食べ、すぐにまた別室へ。

 

そして私が夕飯を食べ終わる頃まで、戻ってこないのです。

 

子供たちが泣き声で大合唱していても、お風呂やごはんの大変な時間も、戻ってきません。

 

家にいるとはいえ仕事なので仕方ないのは分かっているんですが、私も子供二人の世話で気持ちに余裕がなく、家にいるのにやってくれないというイライラばかりがつのっていきました。

 

ラクになるどころか、掃除とお昼ごはんの手間がただ増えただけ。

 

家にいるなら洗濯物くらい手伝ってよ…

家にいるなら息子の相手してよ…

家にいるなら買い出しの間子供たち見ててよ…

家にいるのに…

家にいるのに………!

 

あ"ーーーー!イライラ!!!!

 

いるのになんもしてくれない!

汚すばっかりで、掃除もしない!

トイレちょー汚すし!

家にいるからお昼ごはんは作らなきゃいけない!

朝歯を磨かないから口臭いし!

最近太ってきたし!!(←関係ないw)

こんなんなら、会社に行ってくれてたほうがマシだ!!!

 

スポンサーリンク

 

 

このままでは夫のことが大嫌いになってしまう。

一緒に暮らすことが苦痛になってしまう。

 

「コロナ離婚」というワードを最近見かけるようになったのにも納得がいきます。

我が家みたいな家庭は、きっと多いはず。

 

もちろん、二人目が生まれたばかりだし離婚なんて考えてないけど、この抑えられないイライラはどうしたものか。

 

夫だってきっと、ピリピリして小言ばかりの私に対してイライラしているはず。

 

はぁ。

どーしたものか…。

どーしたものかーーー…。。。

 

と、悩んていたある日、思い出したんです。

 

婚活中のことを。

 

夫と出会う前、婚活としてよく合コンに行っていました。

 

一緒に婚活をしていた親友は相手に求める条件が厳しく、男性を常に「減点法」で評価していたのです。

 

〇〇さんはおごってくれなかったからムリ。

誘っといて払わないなんてありえない!

〇〇くんは話がウソっぽいから信用できない。

〇〇さんはタバコ吸うからNG〜。

〇〇くんは自慢話ばっかりでイヤ〜。

〇〇さんは顔がムリ~。

 

合コンやデートの後はいつもこんな感じ。

その友達は相手のマイナス部分しか見てないんですよね。

 

いつまで経っても、私が婚活を卒業して結婚した後も変わらず。

もう結婚できないのかなー、と悩む友達に私は言ったんです。

 

「悪いところばっかりじゃなくて、いいところを見るようにしてみたら?」

 

その友達からよく、

「〇〇(←私)ってさ、相手の悪い部分を見ても嫌いにならないからすごいよねー」

と言われていました。

 

独身時代に付き合ってきた何人かの男性の中には、第一印象が最悪だった人が数人おりました。

 

渋谷の路上で酔いつぶれて友達に迷惑かけまくって最終的に救急車で運ばれてった人とかw

人としてまじでクズだって思った。

 

それでも、その人の「いい部分」を知ることで、付き合うに至ったのです。

そんな事が何度かありました。

 

合コンで会った人たちに対してもそういえば自然と、あぁこの人は気配りできる人なんだなとか、自慢話=自分に自信があるってことなんだろなとか。

そんなふうに考えていました。

 

相手のいいところを見る。

 

独身時代の私は、それが自然にできていたじゃないか。

 

が、今はどうだろう。

夫の嫌な部分ばかり見ているではないか。

 

嫌な部分だけに目がいって、いちいちイライラして、ヤイヤイ文句を言って、お互い嫌な気分になって。

 

最近の自粛生活で同じ屋根の下で過ごす時間が増えたことで、「嫌な部分」がより目に付くようになってしまったんですね。

 

なんだか、大切なことを忘れていたな…。

 

ならば、と、夫の「いいところ」を挙げてみることにしたのです。

 

お皿を洗ってくれる

おむつ替えができる

洗濯物を干してくれる

めったに怒らない、絶対怒鳴らない

まぁまぁ大きい会社で、それなりに稼いできてくれる

 

うーんと…

うーんと…

 

これだけ?!(笑)

イヤイヤ。ガンバレワタシ…

 

土日は息子を公園に連れて行ってくれる

私がどんなに怒ってても基本応戦しない

スタイルが良い

ファッションセンスがある

登山やボルダリングが好き(←私も好き)

お笑いが好き(←私も好き)

作った料理に文句を言わない(美味しいとも言わないケド)

私のすることに文句を言わない

仕事の愚痴をめったに言わない

飲み会にめったに行かない

物知り

いつも冷静

家族や親戚みんなから愛されている

無駄遣いしない

足は臭くない

私なんかと結婚してくれた

きっと私のことがまだ好き

 

…フゥ。

結構あったな。だいぶ基準を下げたけど(笑)

イヤなところを挙げたらきっともっとあるんだろうけど、いいところもたくさんあった。

 

うん、たくさんある。

 

だから結婚したんだもんね。

 

そんなふうに考えるようにしたら、あまりイライラしなくなったのです。

それでもムカついてついチクチク言ってしまうことも多々ありますが。

 

ずーっと一緒にいるとつい大切なことを忘れてしまうものですね。

ましてや、家に家族みんなで何日もこもらざるを得ないという、ほんの数ヶ月前まで誰も想像しなかった非常事態。

どうしても相手の嫌な部分に目がいきがちです。

イライラするのもムリありません。

 

皆さんもぜひこの機会に、この機会だからこそ、「相手の良いところ探し」をしてみてはいかがでしょう(^^)

 

私のようにイライラが止まらない!という方は気持ちが少しラクになるかもしれませんよ。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク