ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年に長男、2020年に長女出産。主に育児のことやお役立ち情報、妊活について語ります。

残留農薬を洗い流す「ベジセーフ」がすごい。鮮度保持やアク抜き、お掃除も!

こんにちは!

0歳児&2歳児育児中のハピトマです。

ご訪問ありがとうございます!

 

お野菜を食べるときに気になるのが、農薬。

安全性が認められているとは言え、身体に入れるものですのでやっぱり心配ですよね。

 

私も数年前からできるだけオーガニックや減農薬のものをチョイスするようにしておりましたが、値段が高い。

そして種類が少ない。

 

でも子供には安心安全なものを食べさせたいし…と悩んでいたところ、偶然ネットで、農薬を洗い流す水「ベジセーフ」を見つけたのです。

 

スポンサーリンク

 

 

化学物質一切なし!


f:id:hapitoma:20200608005231j:image

 

「ベジセーフ」は食材洗い専用のアルカリイオン水です。

お野菜にも使える“洗剤”を昔使ったことがあるのですが、一般的な洗剤には界面活性剤や香料など口にはしたくない化学物質がたくさん。

洗い流すとは言え、ちょっとイヤですよね。

 

ベジセーフには危険な化学物質は一切使われておらず、成分は「純水99.9%、カリウム0.1%」のみ。

着色料・香料・界面活性剤・防腐剤は無添加です。

 

その仕組みは、プラスイオンである農薬や肥料などの汚れを、ベジセーフのマイナスイオンが包み込んで引き剥がす、というもの。

しかもほんの数秒で農薬や汚れを浮かせてくれるので、野菜を漬け込んだりする必要はありません。

 

洗剤で農薬を落とそうとすると、しばらく浸け置きをしないといけないんだそうです。

しかも洗剤なので、しっかり洗い流す必要があります。

お野菜は水につけることで一部の栄養素が流れ出てしまうので、数秒で農薬を落としてくれるベジセーフならその心配がないのです。

 

農薬除去効果は水洗いの20倍

 

そんなんで本当に農薬が落ちるのか?と最初はかなり疑っていた私。

だってほぼ水なんでしょ??

 

公式ホームページを見ていたら、一般財団法人日本食品分析センター」による試験結果が掲載されていました。

 

それによると、水道水で洗うのに比べて20倍以上の農薬除去効果が認められたんだそうです。


f:id:hapitoma:20200608003815j:image

(出典:ベジセーフ公式ホームページ)

 

こんなにも違いがあるなんて!

水では農薬はほとんど落とせていないんですね…(*_*)

 

【閲覧注意】これを食べていた…

 

葉物から芋類、根菜など、あらゆるものに使えるベジセーフ。

どれだけ農薬が落とせるのかこの目で見てみたいところですが、農薬自体は透明なので、落ちたかどうかよく分かりません(・_・)

 

が、農薬を野菜や果物に付着しやすくするために使う「展着剤」という薬品は、目ではっきり確認できるほどに鮮やかな黄色。

 

表面がつるつるしたトマトなどによく使われるそうです。


f:id:hapitoma:20200607230244j:image

 

ミニトマトで実験!

まずは水で洗ってみます!


f:id:hapitoma:20200607230319j:image

 

洗ったお水です。

透明ですね。

きっと多少は農薬が落ちているのでしょうが、見た目は分かりません。


f:id:hapitoma:20200607230401j:image

 

お次はベジセーフをシュッシュと数回吹きかけて、なじませてみます。

すると…


f:id:hapitoma:20200607230433j:image

 

きゃーーー!!!!

黄色いです!!!

想像以上に黄色くてびっくりしますよね!

 

これが、展着剤なるものだそうで…。

水では落とせないんですね。


f:id:hapitoma:20200607230604j:image

 

次はブロッコリー

私が一番洗いたかったやつです。

ブロッコリー大好きなんですけど、この小さいツボミ一つ一つに汚れや農薬が溜まっている気がしていつも気になっていたんですよね〜(-_-;)


f:id:hapitoma:20200607230739j:image

 

↑これが水だけで洗ったやつ。


f:id:hapitoma:20200607230803j:image

 

↑そして、洗ったあと。

うーん、そんなに見た目は変わりませんが、ちょっと鮮やかになったかも。


f:id:hapitoma:20200607230918j:image

水の色は若干くすんではいるもののほぼ透明でした。

展着剤は使われていないみたいですね。

洗うときはつぼみをしっかり水に浸して振り洗いします。

 

そして、きゅうり。

たくさん買ったので、一気にまとめて洗いました。

数回吹きかけて、両手でぐりぐりとなじませ、落ちできた水がこちら。


f:id:hapitoma:20200607231446j:image

 

写真だと分かりにくいですが(ごめんなさい〜。。)、とても汚いです!!

水がほんのり黄色くくすんでおり、細かいゴミも見えます。

 

トマトやブロッコリー、きゅうりなど、皮を剥かずにそのまま食べるものは特に汚れや農薬が気になりますよね。

店頭で不特定多数の人が触ったであろうということもちょっと気持ち悪い。

そんな不安もベジセーフなら解決できちゃいます。

 

詳しい洗い方↓

食品の洗い方を動画で徹底解説!|野菜あらいのお水ベジセーフ

 

皮ごと&鮮度維持でフードロス削減も

 

普段は農薬や汚れが気になって皮を剥くお野菜やフルーツでも、皮ごと安心して食べることができます。

 

皮ごと食べるということは、フードロスの削減に繋がりますね!

食べられる部分が増えるから節約にもなりますし、皮には中身よりも栄養素が多く含まれているので、無駄なく栄養を身体に取り込むことができます。

 

さらにベジセーフは、野菜などの鮮度保持・酸化防止の効果もあるので、傷みやすい葉物はもやしなどにシュシュっと吹きかけておけば、そのまま置いておくよりも長持ちするんです。

 

私はいつも買い物から帰ってきて冷蔵庫に入れる前にまとめてベジセーフで洗ったり、面倒な時はシュッと吹きかけてからしまうようにしています。

 

たくさんまとめ買いした時も安心ですね!

 

スポンサーリンク

 

アク抜きもできる

 

ベジセーフは、野菜のアク抜きをすることもできるんです。

れんこんやナス、ごぼうやじゃがいもって、水につけてアク抜きしますよね?

時間がかかるし、水につけることで栄養素が流れ出てしまう心配がありますが、ベジセーフは素早くアクを落としてくれるのです。

 

これは本当に時短になります!

シュシュっと吹きかけてなじませ、サッと洗うだけ。

洗ったあとは変色することもありません。

 

そして嬉しいことに、ほうれん草のシュウ酸も除去してくれるんです!

ほうれん草にはアクが含まれるため、一度茹でたり水につけたりしてアク抜きしますよね。

そのアクには「シュウ酸」が含まれており、食べすぎると尿路結石の原因になる厄介な成分です。

 

正直、ほうれん草のアク抜きってほんと面倒くさくてキライなんですよね(-_-;)

水につけたり茹でると栄養素流れてしまうし。

でもシュウ酸は身体に良くないし、サボるとエグみがひどくて美味しくないし。

 

そんな悩みをベジセーフが解決してくれました。

吹きかけて洗い流すだけでオッケーだなんて、ラクすぎて感動しました(T_T)

 

他にも、たけのこや春菊などのアク抜きもできます。

 

スポンサーリンク

 

お米、肉、魚にも

 

なんと、お米やお肉、お魚にも使えるのです。

 

お米に吹きかけると瞬時に米ぬかを浮かせてくれるので、ベジセーフをかけてなじませたらササッとゆすぐだけで、お米とぎ終了。

 

酸化した米ぬかは、水ではなかなか落ちないんだそうです。

酸化が進むと、黄ばみや臭いの原因になります。

そんな落ちづらい米ぬかもキレイに落としてくれるのです。

 

我が家では毎日お米にシュッとやっておりますが、これもかなり時短になります!!!

ベジセーフをなじませると、たちまちヌメヌメした米ぬかが手にまとわりついてきますよ(*_*)

 

ガシガシ研ぎすぎるとお米が割れて味が落ちてしまいますが、そんなこともベジセーフで防ぐことができますね。

美味しいお米が炊けるのです。

 

お米が美味しすぎて食べすぎてしまうというデメリットがありますが(*^^*)(笑)

 

お肉に使うと、汚れや菌が落とせるだけでなく、余分な油分や臭みまで取ることができます。

加工肉に使えば、添加物を落としてくれるそうです!

 

お魚に使うと、臭みが消えうま味が増し、身が引き締まるので煮崩れも防ぐことができるんです。

 

なんとも心強い主婦の味方ー!

 

食品の洗い方を動画で徹底解説!|野菜あらいのお水ベジセーフ

 

家のお掃除にも使える

 

ベジセーフは、家中のお掃除にも使うことができるんです。

マイナスイオンの力で、汚れを浮かせてくれます。

油汚れや皮脂汚れも落としてくれるので、キッチンやフローリングの床のお掃除にも効果的です。

 

なんと言っても化学物質が入っていないので、0歳児と2歳児がいる我が家では毎日重宝しています。

 

テーブルにシュッ!

床にもシュッ!

おもちゃにもシュッ!!

 

気になった時にいつでもどこでも吹きかけてお掃除しています。

水拭きだと雑菌の繁殖が気になりますが、ベジセーフなら安心して使えるんですよね。

 

また消臭効果もあるそうで、空間だけでなく靴や服の臭い、タバコは生ゴミの臭いもマイナスイオンが包み込んで除去してくれるとのこと。

 

これはまだ試したことがないのですが、我が家のおむつ用ゴミ箱に使ってみようと思います(^o^)

 

自家製カット野菜でラクラク

 

ベジセーフの鮮度保持効果を利用して、自家製カット野菜を作ってみるのはいかがでしょう?

 

 ベジセーフのブログで作り方が紹介されています。↓↓

ベジセーフで『自家製カット野菜』の作り方(^^)/ | 野菜洗いのベジセーフのブログ

 

カット野菜って時間がない時はとても便利だけど、鮮度保持のために何が振りかけられているのやら…と不安になりますよね。

 

切った野菜にベジセーフを吹きかけておけば、鮮度保持の効果で1週間ほど美味しく食べられるそうですよ!

 

冷蔵庫にカット野菜があると安心ですよね〜。

炒めるだけ、お皿に出すだけにしておけば、疲れて帰ってきた日でも気もちがラクになります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

食材についた農薬や汚れの除去だけでなく、お肉やお魚の臭み除去、アク抜き、お米のぬか除去、鮮度保持、酸化防止、お掃除。

 

様々なことに使えるベジセーフのご紹介でした。

 

ベジセーフを使い始めて数ヶ月が経ちますが、オーガニックのを買わなきゃ!と遠くのお店まで出向いて高い野菜や果物を買うということがほとんどなくなり、安心して色々な種類の食材を食べることができています。

 

毎日かなり愛用しているので、ちょっと長々と語りすぎてしまいました(^_^;)

公式ホームページに、動画での説明などもっとくわしい紹介がされておりますので、気になる方は是非チェックしてみてください!

ベジセーフ公式オンラインショップ|お得なキャンペーンページ

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク