ハピトマの育児ブログ

30代専業主婦による育児ブログ。2017年に長男、2020年に長女出産。主に育児のことやお役立ち情報、妊活について語ります。

専業主婦とワーママ、大変なのはどっち?!

こんにちは!

0歳児&3歳児育児中のハピトマです。

ご訪問ありがとうございます!

 

一人目を妊娠した時、都内で事務員として働いていた私。

仕事を続けるのか辞めるのかさんざん悩んだ挙げ句、退職を選択したのでした。

 

いちばんの理由は、

 

仕事をしながら子育てなんて、そんな過酷なこと私には難しいだろうな。

 

と思ったから。

 

しっかり子供と向き合い、余裕を持って子育てをしよう!

と退職願を提出。

 

が、実際に専業主婦をやってみると、

 

なんか私が思ってたのとちがーーう!!

 

f:id:hapitoma:20190417092939j:plain

ごはんは抱っこしながら立ち食いトイレにもゆっくり行けず一日中泣きぐずり悲鳴上げ怪獣のごとく大騒ぎされ24時間休みなしの理不尽極まりない子育て!!

 

ここに「仕事」なんて加わったら私そっこー死ぬけど?!

 

周りのママ達に話を聞いてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ワーママ①:超過酷キャリアウーマン

 

彼女は5歳と0歳の子供がいるワーママ。

大手企業で働くキャリアウーマンで、産後1年も経たぬうちに仕事復帰し、バリバリ働いています。

時短ではなくフルです。

 

旦那さんが家事を一切しないらしく、朝は5時に起きてごはんを作り、掃除洗濯をし、子供の世話をし…と全て一人でやっているそうです。

 

夜遅くまで家事をして、また5時に起きて。

 

この人よく生きてるな…

と思っていたのですが、話を聞いてみると、

 

「ってか、子供と毎日ずっと一緒になんていられないから!!それこそ死ぬわ!」

 

と言われました…。

 

こんなに過酷な日々を送っている彼女ですが、子供の相手を一日中している方がよっぽど疲れるんだとか。

 

ワーママ②:時短ワークママ

 

彼女は、週3回ほど時短で働く2児のママ。

事前予約制の「一時保育」を利用し、子供を預けて仕事しています。

 

仕事がない日でも、頻繁に一時保育を利用しているとのことだったので、話を聞いてみると、

 

「だって、子供とずっと一緒にいたら息が詰まっちゃうよ〜。息抜きしなきゃやってらんないもん。」

 

だそうです。

 

一時保育は登録制で、1歳以後、子供が慣れるまで何回も保育園に連れて行く必要があります。

そうしないと登録ができないんです。

 

1歳頃のうちの息子は異常なほどの人見知り&場所見知り、耳をつんざくような泣き声で一日中ぐずりまくりな子だったので、一時保育は諦めていました。。。

 

スポンサーリンク

 

ワーママ③:新米ママ

 

不妊と流産を乗り越えようやく子供をさずかった友達。

現在子供は11ヶ月ですが、その溺愛っぷりは半端じゃありません。

そんなに手がかからない子だそうで、もう可愛くて仕方ないと言っていました。

 

そんな彼女も産後半年足らずで職場復帰。

両立はさぞ大変でしょうと聞いたら、

 

「え…仕事行ってるほうが断然ラクだよ…。」

「預けるとホッとするもん。」

「一人でごはん食べられるし。」

「○ちゃん(←私)、ほんとよくやってるなって思うよ…。」

 

なっっ!!?

よくやってるよねって、私が彼女に対して思ってたことなのに、逆に言われてしまった。

手がかからない子だと言っていた彼女ですら、そう思うのですね…。

 

専業主婦になった友達

 

彼女は私と同じく、出産を機に仕事を辞めて専業主婦となりました。

 

彼女も毎日大変な思いをしているらしく、

「育児まじ過酷!どんなブラック企業よりもブラックだから!」

 と言っていました。

 

確かに…

長時間労働で休日なし、理不尽極まりない上司(子供)相手。

その上司とは常に一緒、食事もお風呂も一緒、時にはトイレも一緒、真夜中でも容赦なく呼び出され、要求はとことん理不尽で、どんなに体調が悪くても休ませてはくれない育児はブラックと言えるでしょう(笑)

さらには仕事と違って、一度始めたら絶対に退職ができないという絶望的現実。

 

我が子への無償の愛がなければ精神崩壊間違いなしです。

 

私の母親

 

専業主婦として一日家にいることができるのに、毎日クタクタ。

平日は基本朝から寝かしつけまでワンオペ。

とは言え、「この大変さにプラスして仕事してる人がたくさんいるんだから…」と、なるべく弱音は吐かないようにしていました。

 

ある日あまりに大変過ぎて私の母親に、

 

「毎日本当にしんどいわ…やることが多すぎて。専業主婦なのにね。」

と言ったら、

 

「何言ってるのよ〜いちばん大変なのは専業主婦だよ!子供から逃げられないんだから!」

「家にいるからラクだろなんて言うやつ、ぶん殴りもんだから!」

 

と言われました(笑)

そんな母も私と同じくずっと専業主婦です。

子育てが完全に終わってからは自由気ままに生きているお気楽な母ですが、かつてはノイローゼになりそうになりながら、子育てと闘っていたんだそう。

 

スポンサーリンク

 

専業主婦に軍配か?

 

みなさんは、どうでしょう?

 

他にも子供がいる友達と話す時にはこの話題を出すのですが、私の周りの話を聞く限りでは、働きに出たほうがラクと言う人がほとんど。

 

もちろん、職場や家庭の環境によって全然状況は異なるとは思いますが。

ワーママだって、過酷なことには変わりないですもんね。

育児とは別のストレスがありますし。

 

育児中専業主婦の私は日々、

はぁ、、ゆっくり一人でごはん食べたい…

はぁ、、普通にトイレに行きたい…

はぁ、、、静かーなところに行きたい…

はぁ、、、一人でスタバに行きたい…

と、思いながら生きております。

 

仕事辞めなきゃ良かったかなぁ〜(^_^;)

と、ちょっと後悔。

 

同じように育児と闘っているママさん、ツラい時ですが幸せなこともたくさんあるはずなので、負けずに踏ん張っていきましょうね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク